グレージュに飽きた人は【秋色バーガンディ】

こんにちは、COBAです。


このブログもレイアウトデザインを一新してました。秋はファッションが楽しい季節ですね。ここ数年、メイクや服のトレンドカラーで「バーガンディ」が定着している感があります。


ワインレッド、ローズレッド、えんじ色、それぞれ微妙なニュアンスの違いがありますよね。そして、色の捉え方は個人差があって微妙なニュアンスを見分ける人がいれば、あまり違いがわからないという人もいます。


また、ヘアカラーにおいての「色」は、ベースに褐色(茶色)が存在していることが前提です。(ハイブリーチ、白髪で色素がない髪をのぞいて)


バーガンディってこんな色


よくワインレッドとイメージする場合が多いと思いますが、ワインレッドが赤紫寄りのディープな感じだとすると、バーガンディは青みや赤み(紫)に振れず、どちらかと言うとブラウンのニュアンスが入った感じです。(肌色に例えると、ピンクベースとオークルベースの違いのような)


ワインレッドはシックで落ち着いた印象ですが、バーガンディはややカジュアルな雰囲気です。(色彩感覚には個人差がありますが一般的に)


こちらはワインレッドのイメージ



こちらはバーガンディのイメージ



色物コスメだとこんな色(右下の色)



ヘアカラーもバーガンディ


そんなバーガンディ色でヘアカラーチェンジをしたお客様の様子です。


つい先日、カット・パーマを先にさせていただきました。まだカラーをしていない写真です。



前回のカラーはだいぶ褪色して明るさだけが残った状態です。



新たにバーガンディっぽい色味でカラリングした写真です。外で撮影したので自然光ではっきり色味がわかります。(室内だとやや暗めに見えます。)


鮮やかさは好みでコントロールできます。


スタイリングで使ったアイテム


トリエジューシージュレ7でウェットな質感にしてみました。ふわふわが好きな人はワックスを使うといいです。ウェットか、ドライかで見た目の印象がガラッと変えられておもしろいですよ。髪型を変えなくてもスタイリング剤の質感を変えると手軽に変身できます(^.^)


水溶性のジュレですので水で手を洗えば落とせます。固まりません


シャンプーも通常通りでOK。



左がワックスなどで、右はウェット系のスタイリング剤、違いがわかりますか?



バーガンディなど暖色系のヘアカラーは、モノトーンなど無彩色コーディネートにも差し色になってセンスアップできるのでおすすめです。鮮やかさを抑えたバージョンは次回の記事でアップするのでお楽しみに!


今週のご予約状況10/24~


空席がわずかの日をご案内します。それ以外の日はご希望日時をお問い合わせください。


26日(金)11時半、18時


27日(土)満席になりました。ありがとうございます。


28日(日)夕方1名様


ご予約のメール、お待ちしております!!


【営業中の当日予約のお問い合わせにつきまして】


いつも私、小林にご予約のメールをいただき、ありがとうございます!


こちらは予約応対と施術、接客応対などすべての業務を一人で行っております。


大変申し訳ありませんが、お客様の施術中、薬剤操作中は安全性などの問題で中断できない場面があります。作業の区切りがついてから返信しております。即時のメールチェックや返信ができないこともあります


即返信ができず、しばらくおまたせすることもありますが、当日中に返信いたしますので、メールやお問い合わせは(夜中は翌朝返信します!)いつでも大歓迎です!!


(できればご予約は基本的に前日までによろしくお願いします!)


日中、「ど〜〜〜っ、しても今すぐ答返事ほしいの!!」


といった、急を要するご用件の際は電話で(お伝えしている携帯)お願いします。作業中の場合はこちらから折り返します。


誠に勝手ですが、今後共よろしくお願いいたします。m(_ _)m

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、COBAこと小林 澄江です。このブログを見ていただきありがとうございます!私は札幌大通で活動しているフリーランスの美容師です。くせ毛や白髪と上手に付き合うアイディア、ファッション、本のことなど大人に楽しく、自分なりの視点でで楽しく書いていきたいと思います。(2018年8月までの記事は旧ブログからの記事です。)