【カラーで遊ぶ】ショートレイヤーにハイライト

今年もあと13日。

To Doリストが増えまくってきました。年末感。

今日はヘアスタイル記事です。
お仕事柄、信頼感やきちんと感、清潔感をキープしながら、
シンプルで少しだけ遊びがある大人のカラースタイルをご紹介します。

 

ショートレイヤーとハイライト

いつもショートスタイルが定番のお客様です。
ご自分の本来の髪色は赤みが優勢のメラニン色素です。
適度に赤みをカバーして、髪が柔らかく見える色味にしてあります。
フロントサイドの流れる部分に明度の控えめなハイライトをプラスしています。

平坦に見えやすいストレートヘアの人も、同系色で明度の差をつけると
自然に光と影が表現できてメリハリがつきます。

単色よりこなれて見えるのでブリーチなどはしたくない人にもトライしやすいです。

 

(ちょっと画質が悪くてすみません。)
あまりに黄色っぽいハイライトは、あまり上品とは言えませんので
13レベル程度のカラー剤でハイライトを入れてあります。

流す方向や分け目によって、ハイライトの見え方が変わるので
お仕事中は控えめに、
オフのときは明るい部分を表面に出るようにしたりアレンジが楽しめます。

ブリーチしてある場合は、黄色っぽさを緩和して柔らかく見せるための色味をかぶせるといいです。

いつも単色のカラーをする方の中でも特にバブル期80’sのファッションを経験した世代の方にとって、

ハイライト = がっつり!メッシュ!

といったインパクトのあるイメージや
「派手でギラギラしたファッションの人」向けのカラー、
というイメージがあると思いますが、近年はカラーの方法も多様化しているので
ブリーチまでしなくても、TPOに合わせた品のあるカラーリング(ハイライト)を楽しめますよ。
(6レベル以下で白髪染め等で黒っぽく染まっている髪は除きます)

現代ではブリーチする人でも、そのままではなく
よりきれいな色味になるように淡いトーンをかぶせるパターンが多いです。(2プロセス)

この写真のパターンくらいだと普段のカラーと同時に、1回のプロセスでデザインを
加えることができます。(オプション+1080円〜)

「ハイライト入れてみたいけど、どうやってオーダーしたらいいかわからない!」

という方、どんなデザインでどんなやり方が合っているかアドバイスさせていただきます。

ご予約状況12/19~

掲載時18日夜の情報です。変動しますので
ご希望日時などお気軽にお問い合わせください。
(1名様・2時間30分程度で換算しています)

19日(水)15時以降 2名様

20日(木)10時30分 1名様

21日(金)満席となっております

22日(土)12時30分以降2〜3名様

23日(日)10時台 1名様 15時30分以降 2名様

24日(月)ゆとりあります(^o^)丿

25日(火)定休日

26日(水)前半1〜2名様

27日(木)ゆとりあります

28日(金)15時以降2名様

29日(土)15時30分以降 2名様

30日(日)9時台 1名様(直後の関係でちょっと早めの開店になります)

31日(月)満席(お昼で年内終了)

1〜3日(火〜木)年始休業

4日(金)満席(年始限定メニューも定員となりました。ありがとうございます。)

★直近1〜3日前で変動するケースが多いですので
お気軽に日時お問い合わせください。(前日までの予約制です。)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、COBAこと小林 澄江です。このブログを見ていただきありがとうございます!私は札幌大通で活動している個人営業の美容師です。くせ毛や白髪と上手に付き合うアイディア、ファッション、本、美容、気になったことなど私なりの視点から楽しく書いていきたいと思います。(2018年8月までの記事は旧はてなブログからの記事です。)