ただのブラウンじゃない、オフィスもOK!春の大人ダークカラー

 

 

ショートヘア&ダークトーンで春シフト!

 

春って、なんとなく明るいヘアカラーにする流れがありますが、
ここ最近はそれほど季節感にとらわれずヘアカラーを変える傾向が多くなっています。
そこで、密かに人気のダークカラーについて取り上げたいと思います。

 

COBA
わたしは個人的にダークカラーでも、ただの「ブラウン」でなく、色味のニュアンスを与えるのがおすすめです。

 

 

 

ダークバーガンディ2

 

 

 

カラーリングは「自分の髪の色」と「カラー剤の色素」のパズルです。

 

 

 

【今回のオーダー】

前回はバーガンディカラーは気に入って頂いているとのことでしたので、さらにダークトーンにしたいというご要望でした。
(バーガンディ系カラーのイメージと退色について知りたい方は下の記事をどうぞ)

バーガンディカラー

グレージュに飽きた人は【秋色バーガンディ】

2018/10/22

 

 

カラーの色選び

 

ご来店時の髪色の状態は、前回のカラーもなくなってブラウンに戻った状態でした。
ハイライト部分の明るくなった部分。

ブラウン

ベースカラーのイメージ

 

 

根本から中間の部分です。

ダークブラウン

ダークなブラウン

 

 

 

バーガンディのみでトーンダウンするより、今回のC様のファッションテイストや肌色に似合うように
退色部分の黄色味を消し去るためにわずかに下の色(補色)をブレンド。6レベルくらいの暗めカラーです。
(白髪もちゃっかり染まります!)

青みラベンダーグレージュ

 

 

 

メインのダークバーガンディニュアンスをブレンド。
(実際はもっと暗いです。6レベルくらい)

ダークバーガンディ

 

 

 

「退色」と地毛のメラニン色素のタイプの関係

 

 

 

ベースのカラーとカラー剤の色素の関係についてもっと知りたい方は下の記事をどうぞ。

 

 

褪色してオレンジっぽくなった髪色をダークグレイッシュにチェンジ!

2018/11/06

 

 

地毛が明るい人(私もです)はユウメラニン(赤み〜オレンジ味)が少なく、フェオメラニン(黄色系)が優勢です。

 

明るい人(フェオメラニンタイプ)のメリットは髪色が透けやすく、カラーの発色が良いところですが、
カラー後の退色が黄色っぽくなる特徴があります。

 

より退色のスピードを抑えるため、カラーの2剤(過酸化水素…ダメージ要因、退色要因の一つ)のパワーを
一般的な6%から4.5%〜3%に抑えています。

 

そうすることによって、退色がやや穏やかになるし、不必要なダメージ要因を髪に残さずに済みます。

 

※カラーシャンプー後は髪に過酸化水素の成分ができるだけ残らないようにするアフター処置を標準装備しています。

 

 

そして、お家で退色が進む一番の要因は「シャンプー、トリートメント」です。
それはまた別な機会に書きますね。

 

 

ダークバガンディ1

 

いつもご来店、ありがとうございます!

 

 

カラーの「名前」って、どれが正解なの?

 

 

Aちゃん
よく、SNSとかで「ラベンダーアッシュグレイジュ」とか、色の名前が書いてあるけど、サロンでそれを言えばいいの?

 

COBA
うーん、実はそれはあくまでメディアやメーカー、投稿者の美容師が付けた場合もあるんです。サロンの実際のカラー剤にはそういった名前は付いていないんです。

 

Aちゃん
え〜!!そうなんだ!ちょっとがっかり・・・。

 

COBA
美容室のカラーの名前は、メーカーによって表記はちがうけど、数字やアルファベットで表記されているんです〜。ちょっと可愛くないかも・・・

 

Aちゃん
ありゃ〜。なんかワクワク感ないかも・・・

 

COBA
6/srMV(6レベルの明るさのシアーモーブ)とか、11/nKH(11レベルのネオヴィンテージカーキ)とか。ビミョーに違う色味がた~くさんあります。

 

名前
へ〜。そうなんだ。

 

COBA
お望みの色をより視覚的に美容師に伝えたいときは、保存した画像を見てもらうのがいちばん簡単だし、イメージを共有しやすいよ。美容師は、目で見た色から、それに近い表現ができるようカラー剤をチョイスします。

 

Aちゃん
なるほど〜!お気に入りの写真を保存しておこうっと!

 

 

ご予約状況

 

18日(月)以降午後を中心に空席がございます。
23日(土)残り13時1名様空席あります。

掲載後、変動がありますので詳しくは直接ご希望日時をお問い合わせください。
(はじめての方はお問い合わせフォームをご利用お願いします。)

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、COBAこと小林 澄江です。このブログを見ていただきありがとうございます!私は札幌大通で活動している個人営業の美容師です。くせ毛や白髪と上手に付き合うアイディア、ファッション、本、美容、気になったことなど私なりの視点から楽しく書いていきたいと思います。(2018年8月までの記事は旧はてなブログからの記事です。)